ミュゼ予約

レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛もよく用いられる技術の一つです。
レーザー脱毛の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

≪レーザー脱毛とは≫
医療の現場で用いるレーザー光線の特性を活かし、脱毛に用いたのがレーザー脱毛です。
治療していたときに、レーザーを照射した部分の毛が薄くなっていたことからその脱毛効果に注目が集まりました。

医療レーザーには毛に含まれているメラニン色素に吸収される特性があります。
ムダ毛が気になる部分にレーザーを照射すると毛根部分がレーザーを吸収するので、ダメージを負います。
ダメージを負った毛根部分はそのまま留まっていられなくなるので、照射後数日経つとするっと抜けるようになります。

≪レーザー脱毛のメリット≫
電気脱毛は針を毛穴に挿すので、非常に痛みが強いのが難点です。
それに比べるとレーザー脱毛の痛みは弱いです。
それでいてパワーもあるため、フラッシュ脱毛よりも効果があります。

また、一度に何本ものムダ毛を処理するため、電気脱毛よりもスピーディーです。
毛根にパワーを集中させ肌表面を傷つけるようなことが無いため、きれいに脱毛ができます。

≪レーザー脱毛のデメリット≫
レーザーはメラニン色素に反応するため、極端に日焼けした肌や白髪のような毛は脱毛できません。
電気脱毛より痛みが少ないものの、エステサロンで主流になっているフラッシュ脱毛よりはかなり強いです。
毛の密集程度によっても痛みの感じ方が異なり、強くゴムではじかれたように思えるときもあれば、ビリビリと痛みが生じることもあります。
敏感な場所や痛みに特別弱い人は、途中で挫折してしまうこともあります。

パワーが強くて効果が強い半面、火傷などのトラブルも増えます。
扱いに注意しなくてはいけないので、医療機関でしか受けられません。
費用もエステサロンで受けるフラッシュ脱毛より高めなので、広範囲の施術だとかなりの出費になります。

ただし、痛みや火傷のリスクが高いとはいえ医療機関で受けるものなので、麻酔や治療など迅速な対応も可能です。
まずはテストショットを受けて、続けられそうなのかをよく考えてから本契約すると良いでしょう。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット
今最もポピュラーな脱毛技術といえば、フラッシュ脱毛です。
ここではフラッシュ脱毛の特徴やメリット・デメリットについて、説明しています。

≪フラッシュ脱毛とは?レーザー脱毛との違い≫
フラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応する光をムダ毛部分に照射し、毛根にダメージを与えて脱毛しようとする技術のことです。
メラニン色素に反応するという原理自体はレーザーと同じですが、光の種類やパワーが異なります。

レーザーは単一光と呼ばれるもので、狭い範囲にパワーを集中させて照射します。
それに比べてフラッシュ脱毛は拡散光で、レーザーよりも広い範囲に照射できます。

≪フラッシュ脱毛のメリット≫
フラッシュ脱毛は一度に処理できる範囲が広いので、施術時間がとても短いです。
両ワキであれば、5分ぐらいで終わることもあります。
肌にもマイルドで痛みが少ないので、電気脱毛やレーザー脱毛を痛みのせいで挫折した人でも試すことができます。

パチンとゴムで軽くはじかれたぐらいか、ちょっと熱くなるぐらいと感じる人もいます。
火傷のリスクもなく、安心して施術ができます。
また、皮膚組織内でコラーゲン生成を促すという、思わぬ美肌効果もあります。
費用も電気脱毛やフラッシュ脱毛に比べると安いので、気軽に受けられるのがいいですね。

≪フラッシュ脱毛のデメリット≫
レーザー脱毛と同様に、極端に日に焼けて黒い肌や白髪、色素の薄い産毛や金髪には向きません。
フラッシュ脱毛は肌にマイルドな分パワーも弱く、レーザーや電気に比べると非常に効果が弱いです。
そのため何度も根気強く施術しなくてはならず、エステサロンに通うのは長期間に渡ります。
それに効果は完全とはいえませんので、処理した部分からも数年後に生えてくる可能性があります。

また、レーザー脱毛と同様に施術したその日で抜けるわけでは無く、照射してから1週間から2週間ぐらい経ってからしか抜けません。
その間は毛抜きで抜いてはいけないので、毛の生えた状態で過ごさなくてはいけません。
効果の高さかマイルドさどちらを重視するかによって、選ぶべき技術も違ってきます。

ワックス脱毛のメリット・デメリット

エステサロンで行うところは少ないですが、ワックス脱毛という技術もあります。
ここではワックス脱毛の特徴やメリット・デメリットについて、説明しています。

≪ワックス脱毛とは≫
ワックス脱毛は、脱毛用のワックスを皮膚表面に塗って毛と絡みつかせ、十分に馴染んだところでワックスと一緒に毛を剥ぎとってしまう脱毛方法です。
ちょうとガムテープを毛が生えた部分に貼って一気に剥がすと、毛が抜けてしまうのに似ています。
脱毛専用のワックスはハチミツや松ヤニのように粘度があり、毛によくからみつく特性があります。

≪ワックス脱毛のメリット≫
ワックス脱毛はエステサロンだけではなく、市販されているワックスを使って家庭で行うこともできます。
手軽にできる分、費用を安く抑えられるのが魅力的です。
他にもこんなメリットがあります。

・その場で毛が無くなる
・しばらくすると生えてくるがアンダーヘアはその時の好みに応じてデザインを変えられる
・古い角質も一緒に除去し毛根から抜けるので、仕上がりがすべすべしてきれい
・レーザーやフラッシュ脱毛、電気脱毛で出来なかった毛も処理できる

最近はワックスの質も進化していて、肌を労わりつつしっかりと毛を絡み取って抜く優れモノもあります。
プロにやってもらえば仕上がりもきれいですし、アンダーヘアを処理すると衛生的でいられるというメリットもあります。

≪ワックス脱毛のデメリット≫
ワックス脱毛は毛根から抜きますがレーザーのようにダメージを与えるものではないので、2・3週間したら生えてくるのが難点です。
ある程度伸ばしてからじゃないときれいに抜けないので、しばらくはチクチクした状態でいなくてはなりません。

また、ワックスを剥がすときに皮膚が引っ張られてしまい、刺激を与えてしまいます。
肌が弱い人だと炎症を起こしやすいので、肌質によっては向き・不向きが分かれます。
手入れをしないと角質が重なって、埋没毛ができやすくなるのもデメリットのひとつです。